アメリカ生活

【在住者向け】アメリカでバンドを組むにはCraigslistの一択!使い方の解説します!

アメリカでバンドを組んでみたい!
バンドを組むために、どうやってメンバーを探す?
英語はどのくらい喋れた方がいいの?

日本人がアメリカでバンドを組むのは難しい事ではありません。

ワタシはアメリカに住んで5年になります。
趣味でドラムをやっておりまして、アメリカでは過去に5個くらいバンドを組みました。

趣味程度から、セミプロ程のツアーバンドまで。

アメリカで日本人が活躍しているバンドは何個もあります。

記事の内容

アメリカでのバンドメンバーの探し方
アメリカのバンド活動事情
アメリカでバンドを組むための英語力


アメリカにすでに住んでいる方、

もしくは、駐在や留学で渡米が決まっている方向けの内容です。

※バンド活動のためだけに渡米するのはめちゃくちゃハードルが高いので、このブログでは割愛します。

 

アメリカでのバンドメンバー探しはCraigslistを使う

 

何はともあれ、バンドを組むにはまずメンバー探しです。

時間はかかります。1ヶ月は見ておいた方がめげなくてすみます。

諦めなければ、絶対に気の合う仲間に出会えますので、根気よくトライしましょう!

Craigslist(クレッグリスト)とは

 

バンドのメンバー探しは、海外の大手ネット掲示板、Craiglitが一番手っ取り早いです。

バンドメンバー募集だけでなく不用品の売買、アルバイトの募集など様々な情報がここに集まっています。

個人情報の登録は必要なし。

とても簡単にアクセスが出来ます。

アメリカで組んだバンドは全てこの掲示板で見つけました。

▶アメリカの掲示板craiglist

 

Craiglistの使い方

リンクをクリックすると、このような画面に飛びます。

住んでいる地域を選択

画面をスクロールすると、このように地域が選べます。

住んでいる地域を選びます。

ワタシの場合は、California 、San Diego.

検索するジャンルを選択

SanDiegoのページに飛びました。

仕事、中古商品の売り出し、サービス等色々なジャンルが表示されます。

Community 、 Musician をクリック。

検索窓に、Drummer , Guitarist など自分のできる楽器を入力します。

検索結果がこのように表示されます。

自分のテイストにあるバンドがあればクリック。

以下の英語はものすごく良く出てきます。

Drummer wanted 
ドラマー募集中

Drummer available
Drummer seeking 
ドラマーがバンドを探している


 

バンドに連絡を取る

試しに、World Beat が出来るドラマーを募集のバンドを選択します。

するとこのように募集の詳細が表示されます。

このバンドと連絡を取ってみたいと思ったら、replyをクリックします。

このように、Eメールアドレスが表示されます。

どのメールでEメールを送るか?

サイトを介して行うメールです。

相手に自分のアドレスが漏れることはありません。

Gmail等を使用するか、アドレスをコピペしてメールを送ることが出来ます。

これでを何度も繰り返し、気になったバンドに片っ端からメッセージを送ります。

注意事項:Craiglistにはルーズな人が超多い

そもそも10個くらいのバンドにメールして、返って来るのが2~3件。

待望の返信が来ても、簡単にすっぽかされます。

メールが進んでいい感じ、なのに突然音信普通。

スタジオに行く約束をして、前日にドタキャン。

何考えてるんだか(怒)

メンバー探し中に、数えきれないほどありました。

すごく疲れます。

しかし、めげずに続けるしかありません。

色々な人にコンタクトをとってみましょう。

自分に合う人は絶対にいます。

ちなみに、犯罪に巻き込まれそうになったなど、危険なことは一切ありませんでした。

不安であれば、初めは誰かについてきてもらった方が良いです

その他、アメリカでのメンバー探しの方法

アメリカでバンドを組むにはCraiglist が最もメジャーな手段ですが、以下の方法でもメンバーは探せます。

周りの人に聞く

スタジオ、楽器屋の張り紙掲示板を見る

ミュージシャン人口は日本よりも多いはずですから、知り合いの知り合いがバンドをやっているなんてよくある事。

是非紹介してもらいましょう。

また、日本であるように、スタジオ・楽器屋の掲示板、でもメンバー募集のビラが貼ってあります。

アメリカのバンドのスタジオ練習

 

当然、スタジオで練習するわけですが、予約方法・支払い方法などは日本と同じ。

電話、ネット上で予約します。

場所によってはクレジットカード番号を控えられたりします。

練習後にお支払いです。チップはいらないですw

アメリカのスタジオ練習の代金

1時間あたり、$25から$40。

ドラムのみの個人練習は$15

部屋の大きさ、設備にもよりますが、日本のスタジオより割高。

アメリカだと1部屋を月極で借りてそこに機材を置いて24時間使い放題にするという方法もあります。

特にドラマーは、自宅練習が厳しいのでこれはお得なプラン。

自宅のガレージで練習できれば一番いいのですが、お金持ちに限った話ですねコレは。

アメリカのライブ事情


アマチュアバンドには大変ありがたことに、簡単にライブが出来ます。

日本でライブをやったときは場所を確保して、チケット売って、回収できなかった分は自腹で払って・・・お金も時間もかかりました。

アメリカだと基本的に出演は無料です。

イベントを主催するライブハウス、バーに連絡。

枠があればデモ音源を渡して主催者の好みに合えばOK。

音源はスマホの録音で十分です。

ストリートで勝手にやっても問題なし。

度胸試しにギター1本で挑むのも全然ありだと思います。

バンドを組むために必要な語学力

ワタシが、初めてアメリカでバンドを組んだときはTOEIC480点レベルの英語力。

ホテルの電話予約に40分程費やするくらいの、超初心者レベルでしたw

楽器が出来れば全然大丈夫です。

というか英語力よりも楽器が上手い方がはるかに助かります。

そりゃ、英語が絶対にできた方がいいですよ。

しかし、英語がネックで踏み出せないのは、悩む時間がもったいないというのがワタシの感想です。

 補足情報

アメリカでバンドを組んでみて、思ったことを補足情報としてお伝えします。

楽器の初心者がバンドを組む

楽器の初心者が、アメリカでバンドを組むのは正直難しいです。

少なくとも半年は、自主練習に励み実力をつけてからの参戦が良いと思います。

先ほどご紹介したCraiglist の中に、楽器教室のレッスンの紹介もあり、ほとんどが無料体験クラスを主催しています。

是非チェックしてみて下さい。

▶アメリカの掲示板craiglist

マリファナ事情

カリフォルニアは、マリファナが合法になので、ごく普通にあります。

ライブがあれば絶対に見かけます。

こればっかりはもう文化の違いなので仕方ありません。

最終的には、くっさいなーと言いつつ、ファブリーズで自分の上着を消臭する現実に慣れました。

 

バンド活動は確実にアメリカでの生活を良いものにしてくれます。

初めの一歩を踏み出すのは、なかなか勇気がいります。

でも、やってみたら意外とできたな、という感じでした。

気になった方は是非踏み出してみて下さい。

本日も最後まで読んで下さりありがとうございました。^^
次回のブログでまた会いましょう。

スポンサーリンク

-アメリカ生活

Copyright© マイケルの嫁 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.