英語・TOEIC

【初・中級者向け】英語の文法解説!可算・不可算名詞をイメージで理解!

英語の文法を勉強中です。可算名詞と不可算名詞って何?数える数えないってことは何となく分かりますが、何がなんだかもう頭がごちゃごちゃです。

英語の文法を学習中の初級~中級者の方向けに可算、不可算名詞についてイメージで解説いたします。

ワタシは、アメリカに住んで5年になります。

この記事では、アメリカの語学学校で教えてもらった内容をまとめました。

この記事の内容

  • 可算・不可算名詞の特徴
  • イメージで理解するヒント3つ
  • 代表的な不可算名詞の種類5つ
  • 可算・不可算どちらにもなる例

これを読めばネイティブの感覚に近づいた状態で、可算不可算名詞の違いが理解できます。

可算・不可算名詞の違い

可算名詞
数えられる名詞。
aをつけたり、複数形にすることができる。

不可算名詞
数えられない名詞。
aをつけたり、複数形にすることができない

辞書で、名詞の単語を引くと、CもしくはUの表示があります。

Uncountable, countableの略。
C=数えられる=可算

U=数えられな=不可算

可算・不可算をイメージで理解するヒント3つ

記事を読み進める前にイメージで理解のヒントを3つ解説します。

  1. 言語の性質が違うと理解。
  2. 丸暗記をしない。
  3. 不可算の特徴をつかむ。

英語脳を持ち、ネイティブの感覚に近づけての理解を目指しましょう。

言語の性質が違う

たとえば日本語で、

「リンゴがあります」と言う時、

「そのリンゴは1個なのか2個以上あるのか?」を表現する必要はありません。

一方、英語その数をハッキリ述べなければなりません。

There is an apple.
リンゴが一個あります。

There is two apples.
リンゴが二個あります。

その物の数をハッキリと述べる言語です。

1つあるの?
1つ以上あるの?
数えられないの?

英語はこの区別を細かく行います。

理由を述べようとすると言語学の話になってしまうので、説明はできません…。

可算・不可算を丸暗記をしない

これは不可算名詞!これは可算名詞!

このような、覚え方はしない方が良いです。効率が悪く、絶対に覚えきれません。

なんでそうなるか?

この納得を繰り返して、ネイティブの感覚を理解し、可算不可算名詞を

不可算のイメージを攻略する

特に不可算名詞は日本語にない感覚です。

これを理解できれば、グッとネイティブの感覚に近づくことが出来ますよ。

可算名詞の特徴

可算名詞の特徴は、具体的で決まった形がある単語。

pen, apple, clock, dog,cat,book…など。

世の中に存在するほとんどの単語が可算名詞です。

不可算名詞の特徴3つ

  • 具体的で決まった形がない
  • 目に見えないもの
  • ”まとまり”を意味する単語

例えばwater(水)と言われて思い浮かぶもの。

イメージが漠然としており、具体的な形がありません。

コップの水、プールの水、シャワーの水、

どれを取っても水は水。ですがこれらに、決まった具体的な形はないですよね。

このような名詞は、不可算名詞になります。

代表的な不可算名詞リスト

不可算名詞を攻略できればこっちのものです。

ネイティブの感覚では、一体、何が数えられないと判断するのでしょうか?

液体・気体

gasoline(ガソリン)
oil(石油)
gas(気体やガス)
steam(蒸気・水蒸気)

飲み物全般も液体なので不可算名詞に入ります。

beer(ビール)
wine(ワイン)
coffee(コーヒー)
tea(茶、紅茶)
milk(牛乳)

素材・材料

素材や材料はこねくり回して何か物を作り上げます。

切ったり、どろどろに溶かしたり、削ったりなんだり・・・

よって、決まった形がないので、不可算になります。

wood(材木)
stone(石材)
iron(鉄)
glass(ガラス)
cotton(綿)
leather(皮革)
wool(羊毛)

食材

honey(はちみつ)
butter(バター)
cheese(チーズ)
salt(食塩)
flour(小麦粉)

感情・概念

感情や概念は不可算です。

愛や怒りが何個分?っていう表現は確かに不適切…

news(ニュース)
beauty(美しさ)
help(助け)
advice(アドバイス)
love(愛)
safety(安全)
fear(恐れ)
anger(怒り)
happiness(幸せ)

まとまりを意味する単語

food(食べ物)
meat(肉類)
equipment(設備)

間違えやすい不可算名詞5つ

特に間違えやすい、不可算名詞を5つ紹介します。

Homework

Homework 
宿題

日本語では、宿題は何個あるの?

という言い方をするので可算名詞のように聞こえますね。

宿題にも、漢字練習、数学の問題、自由研究、などさまざまな種類があり、正確な形がありません。

よって不可算名詞になります。

Luggage

Luggage
荷物

荷物はいくつありますか? って日本では言いますよね。しかし、以下の理由から、不可算になります。

  • Bag, Suitcase, など様々なものがあり、具体的な形がない。
  • Food, fruitのようにまとまりを意味する、物の総称として捉える。

You can leave your luggage at  the reception counter.
荷物は受け付けカウンターで預けて下さい。

Furniture

luggageの例と同様に考えることが出来ます。

Chair, Table は各々数えられる名詞ですが、その総称であるFurniture (家具)は数えることが出来ません。

 

Bread

Bread
パン

Bread と聞くと食パンのように切って食べる一斤なのか、8枚切りか、4枚切りか?同じパンでも形状が違うので不可算。

食パン一枚は、One slice of bread と言います。

Money

Money(お金)

お金には決まった形がありません。

確かに、お札、コイン、カード、電子マネー、等いろいろな形があり、不可算名詞となります。

クレジットカード社会の欧米ならではの発想でしょうか?

しかし、Bill(お札) Coin(コイン)は決まった形があるので、可算名詞となります。

How much money do you have?
いくら持っている?

How many coins do you have?
コインは何枚もっている?

可算にも不可算にもなる名詞

ここからは発展編。

めんどくさくも感じられますが、ネイティブの感覚を理解しつつ、へーっと思えればこっちのものです。

Pizza, Cake

a pizza
a cake

この表現だと、一個のホールケーキ、ホールのピザという意味になります。

I ate a cake last night.

よって、この文章では、ホールケーキを一個食べた事になります。

切ったピザやケーキを表現するには、

One slice of pizza
(ピザ一切れ)

One piece of cake
(ケーキ1つ)


という不可算名詞になります。どんな切り方か、明確ではないからです。

可算と不可算で意味が変わる名詞3つ

Paper

paper(紙)

折り紙、コピー用紙、メモ用の紙など、サイズも様々。形が決まっていないので通常は不可算名詞です。

Could you order some paper by Amazon?
アマゾンでコピー用紙頼んでおいてくれる?

どんな紙かは、文脈で判断。

オフィスで紙頼んどいて?って言われて折り紙をイメージする人はいませんよね。

しかし。

a paper では新聞という意味になります。

I bought  a paper in Seveneleven this morning.
今朝セブンイレブンで新聞を1部買いました。

Work

Work(仕事)

仕事、という目に見えない概念であれば数えることは出来ませんよね。

I have so much work today…
今日は仕事が沢山ある…

works と複数形になると、作品(美術作品、詩集、等)という意味になります。

I saw many Taro Yamamoto's  works in Ueno museum last summer.
去年の夏、山本太郎の作品を上野美術館で見ました。

Room

Room(部屋)

カタカナでもルームとよく見ます。

なので、Room は部屋という意味で覚えている方は多いですよね。

一部屋、二部屋、という意味であれば可算名詞になります。

ABC hotel has 200 rooms.
ABCホテルは200部屋ある。

不可算名詞として使うと、余地、スペースといった意味にもなります。

I am pretty full! There is no room for desert!
お腹いっぱい!デザート、入らないよ。

There is no room for doubt.
疑いの余地はない。

文脈で可算か不可算か変わる例2つ

以下は、レストランで頻繁に聞く会話。

You can choose chicken or beef.
チキンかビーフを選べます。

I would like to have two chickens.
May I have two coffees too?
チキン2つ下さい。それと、コーヒー2つ下さい。

coffee もchicken も不可算です。

ですが、ここでは"s"がついて可算扱いに???

チキン(という名のメニュー)2つください。
コーヒー(という名のカップに入った飲み物)2つください。

という意味であり、お皿にのった食事、カップに入った飲み物であれば明確な形がありますよね。

よって、ここでは可算として考えることが出来ます。

もう1例紹介します。

I bought an apple.
リンゴを一個買いました。

This curry includes apple.
このカレーにはリンゴが入っています。

これどっちの例文も正しいです。

通常、リンゴは可算名詞です。

an apple , apples の表現が正しいです。

2つ目の例文では、カレーの材料、もしくは隠し味としてのリンゴです。

形ある丸ごとのリンゴがゴロンとカレーに入っているわけがありません。

恐らくすりおろしたり、切って入っているでしょう。

リンゴの姿形がカレーからは見えず、何個入っているのか全く分かりません。

よって、ここでは不可算名詞apple となります。

可算・不可算名詞のまとめ

可算名詞

  • 数えることができる
  • 具体的で決まった形があるもの

不可算名詞

  • 数えることが出来ない
  • 具体的な形がない
  • 目に見えないもの
  • まとまりを意味する単語

具体例5つ

  1. 液体・気体
  2. 素材・材料
  3. 食材
  4. 感情・概念
  5. 物の総称

可算か不可算で意味が全く変わる単語3つ
・paper
・work
・room

文脈、状況で可算か不可算を使い分けることもある。

めんどくせぇなもう

ワタシも何度もぼやきましたよ…。言語の性質が異なるのでめんどくさいのは当然です。

受験英語や、TOEICは可算不可算の難しいところをジャンジャンついてきます。

丸暗記はせずに、まずはネイティブの感覚をつかむことから集中して理解するのがおススメ。

日常生活でもバンバン出てくる表現なので覚えておいて損はなし。

本日も最後までありがとうございました。

スポンサーリンク

-英語・TOEIC

Copyright© マイケルの嫁 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.