VISA 永住権 アメリカ生活

【VISA・永住権】初回の相談無料!サンディエゴの敏腕弁護士・サカタ先生の紹介

永住権の申請って自分でもできるのかな?弁護士さんにお願いするなら誰がいいかな?費用と時間はどのくらいかかる?

このようなお悩みにお答えします!

 記事の信頼度

この記事を書いておりますマイケルの嫁は、2018年にアメリカ人夫と結婚。

弁護士先生に依頼し、サンディエゴにて永住権を取得しました!

この記事はワタシの実体験を元に作成しています。

記事の内容

お世話になった弁護士先生のご紹介

永住権取得の大まかなプロセス

永住権取得にかかる費用と時間

こんな方におすすめ

  • 永住権申請を考えている。
  • 自分で申請を進めているが心配。
  • 永住権に関して、弁護士を探している。

サンディエゴの移民弁護士サカタ 先生のご紹介

参考▶Kazumi&Sakata ATTORNEYS AT LAW

サンディエゴに事務所を構えるCliff Sakata先生のお世話になりました!

初回の相談料は無料、日本語もOK。

サカタ先生の経歴

ご両親が日本人ですが、アメリカ生まれのアメリカ育ち。

大学はUCLAをご卒業。

全米州立大学ランキング2位の超名門大学。

カリフォルニアの人ならだれでも知っています。

2005年に独立。サンディエゴにて事務所を構える。

基本的に、移民に関するビザ発行、永住権に関しては就労、学生、フィアンセ等…全て網羅。

日本との関わり

ご両親が日本人であったことから、元々日本に興味があり、

大学で日本語の授業を取ったり、在学中に国際基督教大学に留学なさったそうです。

そして、大学卒業後は、国際交流のお仕事、法律関係のお仕事をなさった後、アメリカに戻られました。

日本のお仕事事情、文化等も大変よくご存じです。

永住権申請のプロセス


ワタシが申請をした、2018年6月の時点でのお話です。

アメリカ在住中に、アメリカ人の夫と結婚した場合の申請です。

結論から申しますと、

2018年の6月に申請開始

10月中旬で取得!

申請からたったの4カ月で取れました。


※移民法はコロコロ変わります。あくまで参考程度にご覧下さい。

永住権申請に必要な書類をそろえる

揃えるように指示のあった書類は以下

アメリカ人の夫が用意するもの

  • パスポート
  • Birth Certificate
  • 運転免許所
  • 最新のTAX Return
  • W2フォームと給与明細
  • パスポート写真2枚
  • 身長、体重、髪の色を把握

 

日本人妻が用意するもの

  • パスポート
  • 戸籍謄本(日本から取り寄せる)
  • ↑その英訳(先生のフォーマット有で簡単)
  • パスポート写真4枚
  • 専用の健康診断の結果書類
  • 身長、体重、髪の毛の色を把握

上記に加えて、以下の書類も必要になります

  • Marriage Certificate(結婚証明書)
  • 両者の名義の公的書類(住まいの契約書、銀行口座、健康保険など)
  • G-325A

G-325Aって何?!って感じでしたが

先生が送ってくれるものに記入するだけでOKです。

簡単ですのでご心配なく!

永住権の申請開始

書類をそろえ、支払い後、いよいよ申請の始まりです。

といっても先生に丸投げなので、やることはありませんw

指紋の採取

一か月後くらいで、指紋採取のお手紙が届きます。

指定された専用施設に行って指紋を取るだけ。

特に難しくありません。

面接の案内

ついに来たー!!

といった感じです。

これが来たらほぼ王手!

面接の日時が決められたお手紙が届きます。

かならず、夫婦で一緒に行きます。

夫は仕事の休みをとりました。

以下の書類を持ってくるよう指示があります。

  • 面接案内のお手紙
  • Marriage Certificate(結婚証明書)
  • 同名義の公的書類(アパートの契約書、銀行口座、健康保険など)
  • 二人の写真20枚程度(家族、友達、など)

面接は特に難しくなかったです。

サカタ先生が書類に不備なく準備してくださったおかげですね。

二人はどこで出会ったの?
どんな仕事してたの?

といった感じ。

面接官が日本に興味があり、東京の寿司が美味かったとか、カジュアルな話もしました(笑)

めでたく永住権ゲット!

面接から1週間後、サカタ先生の弁護士事務所にワタシの永住権が届きました!

費用と時間

かかった費用

  • 弁護士料、申請費用…3400ドル
  • 専用の健康診断…500ドル
  • 総計およそ4000ドル

わーぉ。

中古車1台買えますね…

なけなしの貯金、結婚のお祝いをぶっこんでその費用にあてました。

絶対に必要な出費だと思ったからです。

費用は移民法の改正に伴い、プロセスが変化することから、年々上がり傾向にあるそうです。

なのでこの内容はあくまで目安。

費用の確認は絶対にしてくださいね。

かかった時間

申請から約4カ月で取得できました。

  • 6月→申請開始
  • 7月→指紋採取のお知らせ
  • 9月→面接のお知らせ
  • 10月→面接
  • 数日後、グリーンカードが届く

 

永住権取得を弁護士に依頼するメリット

沢山あります!

  • 慣れない作業の手間を省けた。
  • 安心して任せられる。
  • 早く取得できた。
  • 「これって申請中は違法かな?」等の疑問がすぐに聞ける。
  • そして正確な答えが得られる

サカタ先生にお願いして本当に良かったと思っております。

特に永住権取得に関しては、妙な噂が流れがち。

申請中となると焦りや不安も手伝って、さらに不安な気持ちになりがちです。

気持ちが安定したのも本当に助かりました。

永住権についてもっと知りたい方には、こちらのサカタ先生へのインタビュー記事もおススメです。

是非合わせてご覧下さい!

【永住権】サンディエゴの敏腕移民弁護士にガチで聞いた10の質問!

  マイケルの嫁こんにちは。マイケルの嫁です。30歳で単身渡米し、4年後にアメリカ人ヲタクと結婚しました。現在はカリフォルニア州のサンディエゴに住んでいます。     ア ...

続きを見る

永住権申請はまず相談から!

永住権の申請に関して、過程、費用、期間は人によって異なります。

相談はいつでも無料で受け付けて下さっております。

日本、他州からの連絡もOKです。

グリーンカード、ビザ申請でお悩みの方、気持ち分かります…。

是非この記事がお役に立てますように。本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

次回のブログでお会いしましょう!

スポンサーリンク

-VISA 永住権, アメリカ生活

Copyright© マイケルの嫁 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.