サンディエゴ観光

【体験談】初めてのスカイダイビング!誰でも出来る!恐怖と爽快のコラボです。

アラフォーになる記念にスカイダイビングを生まれて初めてしました。

本記事はその体験談です。

スカイダイビングの決意から、当日の流れ、飛んだ時の感覚、とても爽快だった等のエピソードです。
これからスカイダイビングをやってみようと思っている方は是非参考にして下さい。

スカイダイビング挑戦のきっかけ

もちろん、スカイダイビングは、初めてです。

35歳の誕生日
渡米5周年

その記念に面白い事をやりたい!というのがきっかけでした。

偶然にも周りにスカイダイビング経験者が多く、全員口をそろえて
やった方がいい!と強くおススメしてくれました。

夫を誘ったのですが、彼は大層驚き、

マイケル
僕はやりたくないよ!!!‌‌
危ないじゃん‼
なんでそんな怖いものやるの?

前日には、

マイケル
明日本当にやるの…?
大丈夫なの…?

と何度も聞かれ、ものすごく心配される始末。

当の本人は全く実感がわかず。

よく分かんねが、ダイジョブじゃね?
マイケルの嫁

と答えていました

スカイダイビング当日

落ちる実感はまだなく、るんるんした気分で、こちらの目的地に到着しました。

今回お世話になったのは、GO JUMP OCEAN SIDE

サンディエゴの中心部から車で約1時間弱の場所です。

▶GO JUMP OCEAN SIDE のサイトはこちら

サンディエゴにはこの他にも数か所スカイダイビングの場所があります。

海に近いのできれいな景色が見れるのでは?と安易な憶測でここを選びました。

結果大正解だったと思います。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by GoJump America (@gojumpamerica) on

 

お支払いと免責確認にサイン

まず、受付。

予約したものですけど、窓口で言うと、

アイパッドで免責事項を確認しサインをして下さいと言われます。

ケガをしても自己責任です。
何があっても訴えません。

みたいなことがツラツラと書かれています。ちょっと怖い。

次にお支払い。

予約時に払ったのはデポジットのみなので、残りの料金。消費税、オプションの撮影料金を支払います。

詐欺じゃないのでご安心を。

これらが終わったらロビーで待ちます。

スカイダイビングの講習を受ける

しばらくすると、名前が呼ばれます。

ワタシは一人での参加であったので10分程度の待ち時間ですみました。グループ参加だと長くなりそうな雰囲気。

インストラクターからの講習を受けます。

飛ぶときは足をまげる
しばらくしたら後ろに反る
手は肩のハーネスを握る

こんな感じの説明を受けます。

死ぬかもしれないので、とてつもなく重要なことですが、5分くらいで終わってしまいました。

かなり軽い感じです。大丈夫かな…

スカイダイビング用のハーネス装着

担当のインストラクターさんとご対面をします。

こちらが、今回お世話になったROBさん。

すごくテンションの高い人。

ROBさんが、ゴーグル、ハーネスをがっちりつけてくれます。見た目は完全に子供の着替えのようです。そして、完全にダイバーな見た目になります。

そして参加者だけ呼ばれているはずが、我が夫氏、なぜか同伴。

他の参加者に付き添いはいません。
ちょっと恥ずかしい・・・。

マイケル
しっかり確認して。‌
ハーネスしっかりついている?
インストラクターの言う事は分かる?
飛ぶときは脚を曲げるんだよ?
君の飛ぶところ撮るからね‌‌!

スマホのズームで撮れそうな距離ではなさそうだが…

小脇にワタシのバッグを抱える姿は、遊園地によくいるお父さん‌のようでした。

スカイダイビング用のセスナに乗り込む

こちらの小さめのセスナに20人くらいで乗り込みます。

めちゃくちゃに狭いです。ぎゅうぎゅう詰めでした。

タンデムの都合上、大股広げたインストラクターの間にちょこんと体育座り…

一列になって飛ぶ順に並んで座ります。あまり気持ちのいいものではありませんが、しばしの辛抱です。

高度がどんどん上がる

飛行機の中は大変和やかで、インストラクターに話しかけられて、適当に雑談したりリラックスムードです。

ROBさん
旦那さんは一緒にやらないのかい?
うーん、怖いんだってさ
マイケルの嫁
ROBさん
お前だけがクレイジーってことか、
そりゃいいねHAHAHA

とかなんとか話しかけられたり。
インストラクター達もリラックス。
適当にスマホいじって遊んでいる。

うーん、本当にこれから落っこちるの?

全く実感が沸かないのですが。

ついに飛び降ります

15分ばかし上昇したのち目的地点に到着した模様で飛行機が停止。

がこぉおおーーーーん!!!

というけたたましい音とともに、ドア、というか大きい窓のような出口が開き、
突然機内に強風がが吹き荒れました。


ここでようやく実感。
一気に実感。

怖い。

実感が沸いたからと言って
当然誰も待ってくれないのです。

じわじわと恐怖の感情が
私の脳内を占めて行くのがわかりました。

ちょっとカイジっぽいです。ザワザワ…

怖い。
怖い怖い。
怖い怖い怖い。
怖い怖い怖い怖い。

インストラクターに括りつけらて他のお客さんたちはどんどん落ちて行ってしまいました。(逝って、かもしれない)

なんの躊躇もないです。
多分させてもらえなんでしょう。
バンバン落ちていきました。

・・・すげぇ。

いつぞやの戦争映像のようでした。

若干他人事で人が落ちていく様を、目の当たりにし、恐れおののきましたが。

2分後には我が身です。

インストラクターに身体をくくりつけられているので、もぞもぞと、セスナ内を這って移動します。

うううう…怖い怖い怖い怖い怖い。。。

小声でブツブツ呟きつつ、移動しました。しかし、誰も聞待ってくれるわけがない。ていうか、そもそも誰も日本語を理解していません。

さて、飛行機の窓際のへりにつき
今まさに飛び降りる、という瞬間です。

ひょぉおおおおーーー

眼下には地上の景色。
建物がありんこ以下の大きさです。

ひあああああああ・・・・・
怖い怖い怖い怖い怖い怖い。

しかし誰も知ったこっちゃない。
恐らく気にも止めていません。

風が強すぎたので聞こえづらかったのですが

かーすかに、

スリー、ツー、ワン・・・

と聞こえ・・・


ぎいやあああああああああああああああああああああああああああ


真っ逆さま、という
表現がここまでしっくりくることは
後にも先にもないでしょうね。

私は真っ逆さまに転落しました。

そして絶叫しました。

落ちる瞬間

悲鳴が勝手に出ます。

もともと声がでかいので
かなりの音量であったと思います。

風にかき消されているので
自分でも全く聞こえませんでした。

目をつぶっているので何が何だか全く分かりません。
しかし、感覚で身体がゴロンゴロンと転がっているのが感じ取れます。

インストラクターに教わった
体勢の整え方など思い出す余裕はありませんでした。
かなり無茶苦茶な体勢だったと思います。

DCIM100GOPROG0041041.

悟りを開いた

ああああ落ちている。
わたし、落ちている。

という今のこの状況、
これのみ、しか認識できくなります。

怖いんだか何だかさえも分かりません。

落ちるーーーー‼という状況だけが確かなのです。

"感情を無にする
「今、ここ」に集中する、
過去、将来を考えない"

いわゆる瞑想が脳に良いと聞き、空いた時間で適当にやってみたんですが、

雑念が入り今までの瞑想では「今、ここ」ゾーンになかなか入れませんでした。

だが、これはなんでしょう?!


私は悟りました。

これぞ無の感情だ。

"落ちる現在進行形の自分"
ここに意識が集中しまくっていたのです。

これぞこれぞこれぞ
「今、ここ」
に集中した
瞑想の理想状態。

この状況に勝るような
「今、ここ」に
これが未だかつてあっただろうか。

ああ、ワタシ、
落ちている!!
落ちてます!
落ちてます!
落ちてます今‼

なんということでしょう。
落ちて悟りを開くことができました。

落っこちる感覚

落ち初めててから
十秒後くらいで体制が整います。

目を開けてみるとそこは…

わぁぁぁぁ!!!!
なんという絶景‼

落ちる、というよりか高速の乗り物に乗っている感覚に近いです。

これは今までにない感覚でした。不思議ですがとっても楽しいです。

ジェットコースター特有の、臓器が浮くような感触もありませんでした。

DCIM100GOPROG0041050.

空中散歩

わービューティホ~!!とかなんとか言っていたら

パラシュートが開き、身体があらぬ方向へ引っ張られ
ここでまた絶叫します。

股に食い込んだハーネスが、ギュイン!と上に引っ張られます。

結構、痛いです。

しかしこれこそがダイビングの醍醐味!
パラシュートが開いた後にゆっくりとフワフワするのは本当に気持ちが良いです。

そして素晴らしい景色が目の前に広がります。


音は何もありません。
風の音だけが静かに聞こえます。
しぃいいんという空気の音が澄んでいて、とても気持ちがいいです。

素晴らしいですねぇ
マイケルの嫁
ROBさん
だろ?カリフォルニア全部が見えるだろ!
絶景かな絶景かな♪
マイケルの嫁

景色を堪能しその後着地体制に入ります。

着地!

インストラクターがパラシュートを操縦し、着地用の広場へ向かいます。

旋回しながらゆっくりと降りる。

ぐるぐるされるて、超気持ち悪くなりました。

それはやらないで下さいっ!とインストラクターにお願いしました。

ROBさん
地面が近づいてきたら脚を上に伸ばすんだぞ。
それだと折れるぞ。もっと上に伸ばせ!!!

と言われ、ビビりながら脚を伸ばしました。

結構頑張って伸ばしました。

そしてインストラクターが着地し、足をつけてもいいといわれてから足をつけました。

着地。

ホッと一息です。

つり橋効果

吊り橋効果というものは本当です。
これ程までに実感したことはありませんでした。

この着地した後、周りのインストラクター達が、めっちゃくちゃにかっこよく見えました。お茶でもどう?なんて言われたらホイホイついて行ってしまいそうです。

こりゃ独身の女の子が恋がその場で告白なんてあるんじゃないか?

ROBさん
よくやったな!GOOD JOB BADY!!
HAPPY BIRTHDAY!!
きゃー‌‌‌カッコいい
大変お世話になりました
マイケルの嫁

チップをお支払い

さて、ロビーに戻り簡単な修了書と、お土産のボールペンをもらえます。

インストラクターから、小さめの封筒を手渡され、良かったらチップ入れてねと言われます。

チップを入れてねと言われ、チップを支払わないのはアメリカでは失礼になります。

$20包んで、ありがとうございました、とコメントをつけてポストに入れました。

車酔い

スカイダイビングの興奮で気が付かなかったんですが、三半規管が完全にいかれてしまった模様。

帰りの車で重度の車酔いになってしまいました。

ショッピングモールに寄ってもらい、片隅でしばらくうずくまっていました。

そしてゴーグルの跡がなかなか消えず。 

だいぶぎゅうぎゅうにしてあったみたいですね。
悪かったな顔でかくて・・・

感想

いま振り返っても本当に貴重な日でした。

諸々合わせると、300ドルくらいの出費だったので、安いとは言えませんが。

それだけの価値は大いにありました。
大変怖かったこともありましたが、概してめっちゃくちゃに楽しかったです。

普段のくだらないストレスがぶっ飛び、本当に爽快になります。

仕事であった嫌なことも、アレ?なんだっけ?という感じ。

本当にやって良かったと思っています!

18歳からという年齢制限はありますが、誰でも簡単に挑戦することが出来ます(勇気さえあれば)

本日も最後までありがとうございました。次回のブログでお会いしましょう^^

スポンサーリンク

-サンディエゴ観光

Copyright© マイケルの嫁 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.